人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ニッタM&Tタイ🇹🇭の金型工場が、日本のニッタモールドから若手2名を研修生として迎えました。やっとここまでなったのか、感慨深いです。
日本からタイニッタM&Tへ金型研修に迎えました_b0100062_12165607.jpeg
金型以外にこんなのも習ってもらいました。
日本からタイニッタM&Tへ金型研修に迎えました_b0100062_12161122.jpeg

私も一役と思いましたが、若い会社は若いスタッフと一緒が一番です。
自分に出来るのは、常宿のホテル近くの屋台の案内くらいです。後は金型の責任者が座学をしてくれます。
  旅行用の目覚まし時計の購入
長年欲しかった時計。高いので買えなかったのですが、思い切って購入しました。
約2,600円です。
日本からタイニッタM&Tへ金型研修に迎えました_b0100062_12150578.jpeg
今使っていますダイソー100均時計は、どこも悪くないので洗面台へコンバートしました。
日本からタイニッタM&Tへ金型研修に迎えました_b0100062_09595238.jpeg

今度のはライトが点灯するので、夜間に時間を確認したい時に便利です。スマホですと眩しくて眠りが途切れたりしたので、この選択はよかったです。
日本からタイニッタM&Tへ金型研修に迎えました_b0100062_12354909.jpeg

現場育ちの私、やっぱり話しが合うのは工場のみなさんとです。 
自ずとこんなところへも目線が向かいます。一夜漬けにするつもりのキャベツ、スーパーで購入しましたがどこともこんな感じで新鮮とは言えないのが普通。
日本からタイニッタM&Tへ金型研修に迎えました_b0100062_12141596.jpeg

持ち帰って食べられない所を除きますと、25%近く捨てるしかありません。
日本からタイニッタM&Tへ金型研修に迎えました_b0100062_12143921.jpeg

それに日本と違って売ってあげる。感がいっぱいあるのです。
店員さんも弱い立場にはとことん強く出られ、見下し感が伝わってきます。
日本からタイニッタM&Tへ金型研修に迎えました_b0100062_12125009.jpeg

2時間もしますとしんなりしてきて、少し固さも残って美味しくいただけます。
水道水が飲用に不適なので、食材の洗浄に一手間掛かります。
# by nittamold | 2024-05-03 12:48 | ニッタM&T金型事業の今

早くスコールの季節になってほしいのに、日曜日の今日も屋外は41℃超え。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15195145.jpeg

昨日から工場(ニッタRA factry)も完全休みですが、先ずは巡回に行ってみましたが暑い。車の中もエアコンの効きがよろしくないのでアパートへ帰り、ゆっくりします。
家族から今朝のご飯の写真がLINEで届きました。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15304664.jpeg

それならと、時間も有り余っているので、ヒントになったらえぇなぁと思い、運動の後に簡単焼きそばを作ります。誰もいないジムで走ったり、チョコと筋トレをして。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15172127.jpeg

もうすぐタイ🇹🇭に赴任して12年になるかと思いますが、その頃からのお気に入りのラーメン、焼きそばがこちら。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15162344.jpeg

価格は一袋(60g)10バーツ。日によって9バーツだったりします。この袋麺、若い頃から慣れ親しんだ味で、私にはピッタリでした。しかし、今は色々工夫して野菜類を一緒に使って作ります。(大きな病気の後ではあったんですが、家内の教えを素直に聞けるようになり、野菜をしっかり頂くようになりました。)
今日は冷凍保存のブロッコリー🥦とレンチンキャベツ。添付ソースは使わずに、持参のイカリトンカツソースと、コレも持参のもみ海苔で味付けします。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15164293.jpeg
3分後、お湯を捨てて盛り付けたら出来上がります。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15165707.jpeg

昨日は又々カレーを5食分調理して、3つを冷凍保存しました。
人参🥕1本6バーツ、玉ねぎ2個、じゃがいも3個と椎茸7個(35バーツ)とお肉は奮発して、360g(240バーツ)カレールーは持参の無添加ペーストと赤缶一つ。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15184487.jpeg

カセットコンロのガスを始末するのに、沸騰ポットのお湯を使います。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15190901.jpeg

盛り付けていただきます。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15193328.jpeg

梅干しも毎年家内が漬けてくれていますし、お米も持参です。
そんな具合なので、1日の食材とガス代合わせて100バーツ。この10年変わらないです。タイの社員の皆さんは、会社近くの屋台弁当で一食25~40バーツ。
屋台は30軒位密集していて、好みのお店があり、朝5時過ぎから開いて9時過ぎには片付けられ、お昼はちょっとだけ、そして午後5時過ぎから夜9時半頃までいっぱい開店しているので、皆さん不便はしないのです。
この10年、タイ🇹🇭1日の食材費は100バーツ_b0100062_15155651.jpeg
ツナ缶は日本の会社さんかな、と思う意匠ですが価格は半値です。
日本の食品、特に加工食品や菓子類、ファーストフードはこの一年で3割くらい上がったのと、ちゃうやろぅか。こちらタイも🇹🇭タイラーメンが45バーツしますが、日本の価格上昇は凄いと感じます。
滋賀県人の私としては、''始末してきばる'' 送り出すのは''三方良し'' コレしかあれへん と思います。



# by nittamold | 2024-04-28 16:22 | 食べる

今日も40℃超えの予報。部屋から一歩出たら汗。新工場は高原に立地していますが、やっぱり暑いのです。
雨季のスコールが待ち遠しい_b0100062_11561695.jpeg

工場に入るとクーラーがありますが、私は好んでウロウロして汗をかいています。
雨季のスコールが待ち遠しい_b0100062_11363130.jpeg

セキュリティさんも来客都度、お疲れさまです。
雨季のスコールが待ち遠しい_b0100062_11373109.jpeg

これだけ汗をかくので水分補給が重要です。そして、毎日の食事の内容。
毎日のお昼のお弁当はクーラーに詰めて、凍らせたお水を氷代りなのです。
雨季のスコールが待ち遠しい_b0100062_11560010.jpeg

その上にお弁当を乗っけます。100均容器にサンドウィッチ。
雨季のスコールが待ち遠しい_b0100062_11554502.jpeg
食べ過ぎないように気をつけています。歳もあり出勤時の荷物は2つのみ。
雨季のスコールが待ち遠しい_b0100062_11375679.jpeg

夕ごはんは午後5時過ぎに、コレはタイ🇹🇭スタイルで、見かけより中身(タンパク質)勝負。
雨季のスコールが待ち遠しい_b0100062_11563372.jpeg

ココナッツ🥥ミルクを加えて作ったカレーライス。ご飯は130g。
汗を流すのに毎日2回シャワーを使います。
北海道の函館から桜の便りが届きました。今更ながら四季が巡る日本は良い国です。
雨季のスコールが待ち遠しい_b0100062_11395675.jpeg

五稜郭でしょうか。先人達が築き上げてくださったおかげです。
# by nittamold | 2024-04-24 12:26 | タイ 創業日記