大粒自慢のはり文五郎米

東証1部上場企業を部長まで勤め上げて、64才で職を辞し農業に転じた友人。もっともお客様の部長さんではあったけれど、お互い農業に関心のあるのが引き合って、友人と呼べるなかに。その彼が、損得抜きで地域の農業振興と障がい者の自立支援に取り組んだのが農業。お米つくりだけでもしんどいのに、卵つくり。勿論私もタイにいてもお役に立てればと、年間契約で毎週一回1パックを購入。今は卵が高い時期なので格安卵となって申し訳ない気持ちです。
b0100062_18131316.jpg
卵好きの私、一昨日日本の我が家に戻って家内が調理してくれたのが、卵を使った茶碗蒸し。今朝も頂きました
b0100062_18135704.jpg
日本の我が家でも朝食準備は自前です。もちろん大粒自慢のはり文五郎米でタマゴご飯です。お味噌汁は昨夜のシジミ汁に豆腐と菊菜です
b0100062_18082713.jpg
    
b0100062_18080951.jpg
どれくらい大粒なのか?一緒に頂いたコシヒカリと比較するとよく分かります
b0100062_18074815.jpg
我が家での食事はやっぱり”和食”です。おでんが出来上がるまでの待ち時間に厚揚げを焼いてしょうがをのせて、ワインで頂きます。
b0100062_18132678.jpg
庭のラッキーにはおでんの具材のすじ肉を。においで分かるのか?お家から様子伺いです
b0100062_18120787.jpg
b0100062_18122439.jpg
我が家が一番、災害の少ない滋賀県が大好き。友人のサポートにも感謝です。

[PR]
by nittamold | 2017-11-10 18:42 | 日々のこと