成長しました。社内設計・製作の射出成形用金型

昨日工場に入って金型工場をちょっと巡回したところ、私の金型への思いを具現化した金型、が定盤に置かれていました。今朝責任者に問うと、会長の云うところの男前金型です。社内で設計、そして全ての加工、組み立てを済ませたところです。の答え
b0100062_1338151.jpg
先ずニップルの折損の予防の為、ニップルがはみ出していない。ツープレート金型でも、戻り確認のリミット取り付け
b0100062_13403641.jpg
端材を活用して、調整ブロックを加工・取り付け。40~50トンの小型金型にも拘らず、サポート・ピラーを均等に4本設置金型
b0100062_13434222.jpg
そして、位置決めブロックを上下、左右に4箇所設けています
b0100062_13445385.jpg
嬉しいです。約1年3ヶ月でここまで成長した事が。お客様に喜んでいただき、ご覧になられたとき”オッ”といっていただける金型が出来ています。メンバーの皆さんに感謝です。これなら300万ショットは普通にいけます.
金型つくりで重要なエアーベント、見えないところに配慮がなされています。成形工場に成形機を28台設置、稼動していてエアーベントの重要さを知っているから出来る事です。
[PR]
by nittamold | 2014-12-12 13:51 | ニッタM&T金型事業の今