ニッタM&Tの金型工場の監査をしました

タイ国で射出成形用金型製造会社と成形事業をスタートして丸3年。拡張工事に取り組んでいた金型工場の工事が完了したとの報で確認に来ました。延べ700平米のワンフロアーです。空調は27度でしっかり管理されて働く人にやさしい環境が整っています。これなら良い金型が生まれます
b0100062_13515211.jpg
金型工場の朝礼
b0100062_13523257.jpg
新型の打ち合わせ、余裕スペースが半端ではないです
b0100062_13534712.jpg
防塵塗装の床も新しく、とにかく広いです。そしてそこの点では成形第二工場も同じで、こちらは床面1000平米。検査室はしっかり空調されていて、電力工事、エアー、チラー冷却配管等々投資した費用は相当な金額です。
b0100062_1401461.jpg
b0100062_1404611.jpg
b0100062_1411646.jpg
b0100062_1415059.jpg
50トン、100トンの成形機が小さく思えます。
b0100062_143678.jpg
朝10時ごろ、40フイートのコンテナが入ってきて新たな設備が搬入されます。ここタイでも女性が重要ポイントを押さえています
b0100062_1455444.jpg
b0100062_1461373.jpg
b0100062_1463886.jpg
金型工場が設備で満杯になる日もそんなに遠くではないようです。再来週も金型製造設備を乗せた40フイートのコンテナが入って来る予定が組まれています。明日からソンクラン休暇。今日の会社でのイベントが楽しみです。  こんなにきれいで広いフロアーが3つ手付かずのまま、成長余力はこんなところの活用で生まれます
b0100062_14414230.jpg
午後、タイのお正月ソンクランを社員の皆さんとお祝いしました。感謝です
b0100062_15413650.jpg
ハイ・チーズ
b0100062_1542548.jpg

[PR]
by nittamold | 2014-04-11 14:11 | タイ 創業日記